消費者金融は危険なのか

お金に困っている時には、手軽に貸してくれそうな消費者金融は気になる存在です。TVCMなどで目にする機会も多いですが、審査結果もすぐに帰ってきて、スマホから簡単に申込みができるので、あっさりと借りられそうに見えます。しかし、消費者金融に対して、怖いというイメージを持っている人も多いです。

 

実際の所消費者金融は怖いのかそうでもないのか、これに対する結論を言ってしまえば、消費者金融は怖いというのは当たっています。

 

キャッシングやカードローンなどと呼ばれていますが、要は借金です。借金をすれば返済の義務が生じますし、返済が滞れば、債務整理や自己破産に追い込まれる可能性もあります。借入が多かったり返済が滞ったりすれば、各種ローン審査にも影響を与えます。消費者金融の返済遅れがきっかけで車のローンが組めなくなるというケースもあります。

 

ただし、消費者金融の毎月の返済額はそれ程多くはなく、普通に利用していれば簡単に返済不能にはなりません。また、返済に関しても、強面のお兄さんが取立てにくるようなわけでもなく、オペレーターの接客姿勢は基本丁寧です。

 

消費者金融を利用しようとしている人も、悩んでいる人も、まずは消費者金融のリスクと安全面の両方を見てみるのをお勧めします。

 

 

実際の借入れと返済のイメージ

消費者金融を利用する時の返済は。きつそうなイメージがあるかもしれません。しかし実際は逆で、消費者金融で借りたお金の返済額は、毎月それ程多くはありません。例えばプロミスで5万円借りた場合、毎月の返済額はたったの2,000円です。

 

消費者金融でお金を借りた時の返済額は、各社の規定や借入額によって変わりますが、借入額の数%程度です。消費者金融でお金を借りた後に、高額な支払いを命じられるわけではありません。消費者金融の返済は残高スライド方式を採用しているのが基本です。新たに借入れをした時点での借入残高に応じて、毎月の返済額が決まります。

 

最低額の返済を行ってさえいれば、特に催促や取り立てはありません。希望であれば最低額を超えた金額の返済も可能ですし、臨時収入などを随時返済に回すのも自由です。

 

返済の仕方が分からない場合には店舗や契約機、コールセンター等で確認をすると安心ができるため、設置のある地域で借りるのも良いことであると言えるでしょう。プロミスであれば伊勢原市のプロミスのように契約機の設置があるので、安心して手続きが進められるようになっています。

 

返済が間に合わなくなる理由とは

数%程度の返済額で返済が辛くなるというと不思議に感じるかもしれません。それにも関わらず返済が間に合わなくなる人もいます。返済が間に合わなくなる人の多くは、繰返し何度も借入れをしています。一度や二度借入れをしたくらいでは、返済額はそれ程大きくはありません。

 

しかし、借入を繰り返すたびに返済額は段々と増えていきます。

 

例えばプロミスで5万円借りた時の返済額は2,000円です。しかし、借入残高10万円になれば返済額は4,000円、50万円に達したら13,000円、150万円に達したら返済額は30,000円にもなります。消費者金融で100万円以上借りるような人はほとんどいません。

 

何度も繰り返し借入れをしていれば、負担額は増えていってしまいます。消費者金融を利用する時には、安易に借入れを繰り返さないように注意が必要です。

 

もしも返済が遅れたら

もしも消費者金融の返済が遅れたら、いよいよ強面の人が取立てに来ると思うかもしれません。しかし、現在はドラマのような威圧的な取り立ては法律できつく禁止されています。

 

特に大手消費者金融の場合、そのような取り立てが発覚すれば業界全体の業績に大きく影響してしまいます。リスクが高すぎるので、きつい取り立ては行われません。

 

ただし、返済が遅れると封書や電話、メールなどで連絡がきます。取り立てがきつくなくても、遅延損害金など、返済遅れによって多めに利息を払う必要があります。また、返済が遅れたという情報は信用情報として喜六に残るので、今後の各種ローン審査にも影響を与えます。

 

手軽に借りられるのが魅力の消費者金融は、借りることだけでなく返済に関してもしっかりと考えておかなければなりません。返済を考えずに借りるとせっかくの便利な消費者金融のサービスも台無しになってしまうので、計画的な借入れとなるように使ってください。

 

しっかりと考えて借りれば大手消費者金融のアコムなどは安心して利用ができるサービスとなるため、早い借入れも可能であるアコム千葉市でのキャッシング利用を考えてみるのも良いでしょう。